ヤコブ病 年表 (1973/7〜2002/05/11)

和暦

西暦

事柄

S48

1973

07

23 厚生省-ドイツのヒト乾燥硬膜ライオデュラを医療用具(特定治療材料)の輸入・販売を承認

S62

1987

02

06 米国の疾病対策センター(CDC)が,硬膜移植を受けた後に発症したヤコブ病患者の症例を報告

S62

1987

04

28 米食品医薬品局(FDA)が汚染された可能性のある硬膜を廃棄するよう警告

S62

1987

08

   JAMAの日本語版8月号にCDCレポートが帝京大教授 佐野,北條両氏訳により紹介

S62

1987

10

   国立予防衛生研究所の北村 敬氏が雑誌「臨床とウイルス」に1987年6月にCDCから出された,乾燥硬膜の移植によるヤコブ病の記事を掲載

2年後(勧告が出されて)

H01

1989

01

23 たか子さん大津市民病院でキアリ奇形による脊髄空洞症の治療の為開頭手術を受ける
ヒト乾燥硬膜の移植を受けるが,知らされていなかった

H03

1991

07

  新潟大学病院で,1984年3月15日に死体硬膜の移植手術を受けてから33ヶ月後にCJDを発症した26歳の女性患者について『NEUROLOGY』に報告

H05

1993

02

  滋賀医大脳神経外科で『凍結乾燥硬膜が原因と考えられたCJDの1例』(38歳,男性)を『脳神経外科』に報告

H06

1994

10

  虎ノ門病院で,1985年に死体硬膜の移植手術を受けた26歳の女性が移植後4年8ヶ月でCJDを発症し,死亡したと『Demential』に報告

7年後(たか子さん手術後7年経ち,勧告が出されてからは,9年経っています。)

H08

1996

06

20 厚生省・緊急調査研究班の一次調査による新聞発表
   硬膜移植によるCJD病9名
   病気の原因が大津市民病院の手術と直感する
24 厚生省・研究班班長であった佐藤猛先生(国府台病院院長)に電話を入れる。
   9名の中に含まれていなかった

H08

1996

07

中旬 提訴を考える
22 執刀医と面談

H08

1996

08

02 研究班2次調査による新聞発表。28名中の一人(佐藤先生に電話確認)
07 植山弁護士とお会いする
20 勉強会 
27 勉強会

H08

1996

09

07 勉強会
28 勉強会

H08

1996

10

03 証拠保全される。 PM1:30〜3:00
11 勉強会 
19 勉強会
23 勉強会 訴状作りはじめる

H08

1996

11

05 訴状(案)を弁護士よりファックス受信
09 勉強会
15 厚生省 各担当者と質疑応答,日本ビー・エス・エス社社長と面談
18 京都 (株)増田医科器械店(大津市民病院へ硬膜を納入)の部長と面談
19 訴状作り
20 訴状作成(最終,法律事務所と支援事務所間をファックスで)
   PM4時 大津地裁へ提訴(弁護士)
21 新聞に報道 『薬害でヤコブ病』と提訴
25 勉強会

H09

1997

01

23 九州大学名誉教授にお会いする
25 勉強会

H09

1997

02

06 再度,京都の増田医科器械店へ
16 勉強会 陳述書作成
19 勉強会
22 勉強会
24 第一回口頭弁論 AM10時から

H09

1997

03

15 勉強会
20 勉強会 NHKクローズアップ現代視聴案内
27 世界保健機関(WHO)勧告 (ヒト乾燥硬膜を使用しないこと)
28 厚生省緊急安全性情報   (ヒト乾燥硬膜の使用中止,回収命令)

H09

1997

04

03 厚生省・緊急調査研究班の最終結果報告 (CJD43例にヒト乾燥移植歴)
07 NHKクローズアップ現代放送される
17 研究班 班長 佐藤先生にお出会いする
20 東京医科歯科大学 片平先生,大阪 吉川先生来訪

H09

1997

05

01 中島弁護士にお会いする
12 琵琶湖法律事務所から市民共同法律事務所(中島弁護士)へ移籍
15 勉強会
19 第二回口頭弁論
31 勉強会 (中島弁護士,永井弁護士,大脇弁護士)

H09

1997

06

07 勉強会
24 禁治産宣言
21 署名活動始める

H09

1997

07

05 勉強会
08 署名整理
11 勉強会 片平先生同席
13 署名整理
14 第三回口頭弁論 PM1:30 (署名提出 21,457名)
   裁判報告会    PM2:00
30 勉強会(合宿)  AM10:00〜PM3:00 

H09

1997

08

09 薬害根絶フォーラム参加   於京都
27 勉強会(合宿)  AM10:00〜PM5:00
30 勉強会 CJD薬害訴訟を支える会 平成9年9月1日発足(案)について

H09

1997

09

01 支える会発足 名称:『CJD薬害訴訟を支える会』
04 支える会 役員会 
06 支える会 役員会  署名整理 
08 検証の申立 PM3:30(署名提出 5,192名)
13 ヤコブ病110番 於東京及び京都(東京(86),京都(43)合計129件)
15 支える会 役員会
20 支える会 役員会  署名整理 
22 第四回口頭弁論 PM4:00 (署名 4,636名,検証の申立補充書提出)
28 『社会薬学研究会』参加  於 京都 立命館大学

H09

1997

10

15 支える会 役員会  11月23日提訴1年の件
22 支える会 役員会  11月23日提訴1年の件
25 『現代医療を考える会』参加   於 高槻
26 支える会 役員会  11月23日案内送付作業
   新たに硬膜移植によるCJD患者4名の報告 (神経外科学会調査による)

H09

1997

11

02 支える会 役員会
09 勉強会 東京・京都合同弁護団会議(講師 現代医療を考える会代表 山口研一郎医師)
17 第1回東京提訟裁判傍聴
23 『提訴一年をむかえて』報告集会 於 甲西町:サンライフ 甲西(参加者300名) 
28 近畿弁護士会主催(薬害シンポジウム)参加 於 大阪 新阪急ホテル

H09

1997

12

01 第五回口頭弁論 PM1:00 (署名提出 3,503名提出) ビーブラウン補助参加
16 刑事告発 (受理される)(東京地検)
17 勉強会    於 京都
26 会報 第1号『秋桜』発行 (会報名:たか子さんの好きな花にちなんで)

H10

1998

01

06 支える会 役員会 署名整理
08 PM 2:00 『検証の早期採用を求める要請書』提出。連判状360名の署名添付
09 PM 1:10 進行の協議(署名3,585名) 於大津地裁 5階ラウンド法廷
18 『新春の集い51』講演 (51期司法修習生による学習会) 於 東京
23 『人権学習会』講演 於 滋賀県甲賀郡甲南町役場
27 勉強会 東京・京都合同弁護団会議

H10

1998

02

01 会報 第2号『秋桜』発行 公判等のお知らせ
05 検証の打合せ 弁護士,主治医
05 支える会 役員会 検証の打合せ
06 
08 ドイツ取材出発(中島弁護士(京都),阿部弁護士(東京),陽子さん,まり子さん)14日迄
08 『現代医療の検証』第1回実行委員会出席 現代医療を考える会
14 『CJD薬害訴訟学習会』講演 東京民主医療機関連合会
16 第6回口頭弁論 AM11:00(署名3,828名提出)
    (法廷〜5Fラウンド法廷にて進行協議)
18 支える会 役員会 検証の打合せ
24 勉強会

H10

1998

03

02 検証の打合せ 弁護士,主治医
06 人権基金シンポジウム参加    於 京都
07 甲西町立日枝中学校 講演
09 検証(裁判長,被告らに,たか子さんの現状を見ていただき理解していただく)
   検証後,集会  参加150名 於 下田公民会
11 京都消費者連合会 参加   於 京都
17 勉強会 京都弁護士会館
24 第2次提訴 PM1:00 大津地裁,東京地裁(計 7名となる)
25 甲西町議会へ要請書提出 意見書採択
29 三重集会打合せ
30 勉強会 京都弁護士会館

H10

1998

04

12 三重集会 会場下見
13 第7回口頭弁論 PM1:10(署名3,778名提出)
13 甲賀郡内 石部,土山,甲賀,各議会へ要請書提出
14 公立甲賀病院 労働組合役員会 参加
16 甲賀郡内 信楽,水口,甲南,各議会へ要請書提出
16 勉強会  京都弁護士会館
17 甲賀郡労働連合会 参加
19 勉強会 東京・京都合同弁護団会議
19 支える会 役員会 三重集会 打合せ,第3号会報発送準備
20 会報 第3号『秋桜』発行
20 草津市議会へ要請書提出
22 竜王町議会へ要請書提出
22 第72回日本感染症学会(千葉・国府台病院 佐藤猛名誉院長講演)大阪国際交流センター
23 栗東,野洲,中主,各町議会へ要請書提出
23 京都・同志社女子大学 講演
25 勉強会 東京医科歯科大学神経内科 山田正仁講師 講演 弁護団拡大
26 『医療と人権』シンポジウム参加  於 大阪府高槻市
29 8月9日『薬害フォーラム』実行委員会参加
29 三重集会 打合せ 於 三重県

H10

1998

05

03 医療シンポジウム参加 於 サンライフ甲西
06 勉強会 京都弁護士会館
07 当事者照会 PM1:30大津地裁,東京地裁
08 支える会 役員会 三重集会 打合せ
17 『薬害根絶を願って』 三重集会 於 三重県
26 会報 第4号『秋桜』発行 公判及び6/10決起集会等のお知らせ
28 勉強会 京都弁護士会館

H10

1998

06

01 第8回口頭弁論 AM11:00(署名3,525名提出)
09 環境庁長官交渉  於 議員会館
09 ヤコブ病訴訟東京弁護団との交流会 於 東京神田
10 第23回『全国公害被害者総決起集会』参加 於 東京日比谷公会堂
13 ヤコブ病110番
    6月議会において各市町議会意見書採択される。滋賀県内3市9町,三重県5町。
    (滋賀県内草津,守山,八日市各市,虎姫,栗東,甲賀郡内6町,三重県志摩郡5町)
22 京都支える会発足 名称:『薬害ヤコブ病訴訟を支える京都の会』
23 勉強会 京都弁護士会館

H10

1998

07

05 『薬害根絶フォーラム』参加者会議 於 京都スモン事務所
06 勉強会 京都弁護士会館
13 第9回口頭弁論 AM11:00(署名5,168名)
27 勉強会(合宿)AM11:00〜PM4:00 於 下田公民会

H10

1998

08

01 会報 第5号『秋桜』発行
02 署名活動と『薬害フォーラム』参加ビラ配布 於 草津駅(署名数824名)
09 『薬害フォーラム』参加 於 京都
25 勉強会 京都弁護士会館
27 『証人尋問の早期解決を求める要請書』提出(署名200名添付)

H10

1998

09

08 文章『こころの叫び』発行 第1版 記者会見 於 大津
09 立命館大学 講演 於 京都
12 勉強会 京都弁護士会館
17 日本弁護士連合会 講演 (署名108名収集)於 北海道札幌
21 第10回公判 AM11:00(署名5,333名提出) 大津地裁
26 支える会京都の会来訪 たか子さんのお見舞い,当支える会と交流
28 進行の協議 PM3:00(署名3,000名提出) 大津地裁
    9月議会において滋賀県内全市町議会意見採択される

H10

1998

10

01 国会議員に協力要請 於 東京
11 運営委員会(集会 打合せ) 下田公民館
16 勉強会 京都弁護士会館
18 運営委員会(集会 打合せ) 下田公民館
25 滋賀医科大学 学園祭参加(薬害の歴史) 署名収集 275名
28 近畿口頭看護専門学校 学園祭参加 講演
29 勉強会 京都弁護士会館
30 運営委員会(集会 打合せ 案内書送付) 下田公民館 

H10

1998

11

01 日本科学者会議 講演 於 新潟
07 運営委員会(集会 打合せ)  下田公民館
09 第11回公判 AM11:00(署名5,980名提出)
10 『ヤコブ病を考える』 講演 於 京都
10 文集「こころの叫び」発行  第2版
11 運営委員会(集会準備)  下田公民館
14 東京訴訟,大津訴訟支援者交流会 於 甲西町 湖
15 『薬害ヤコブ病3年をむかえて』報告集会 於 甲西町サンライフ甲西
18 プリオン病学習会 福岡伸一京都大学助教授講演 於 京都
19 勉強会 京都弁護士会館
25 東京裁判傍聴 片平洌彦証人尋問 東京地裁

H10

1998

12

05 『映像90を見る会』参加  於 京都
06 第1回薬害被害者会議 出席 於 京都
10 勉強会 京都弁護士会館
19 『人権学習会』講演 滋賀県立能登川高等学校
21 第12回公判 佐藤猛証人尋問
22 勉強会 京都弁護士会館
28 第6号 会報『秋桜』発行 

H11

1999

01

17 東京,大津弁護団合同会議 参加 於 京都 

H11

1999

02

01 第13回公判 中村好一証人尋問 PM1:00(署名3,786名提出)
04 京都市職労99春闘学習会 講演 於アヤハレークサイド
09 勉強会 京都弁護士会館
14 第2回薬害被害者会議 出席  於 京都
18 厚生省交渉−ヒト組織商品化,生存患者問題
21 運営委員会 下田公民館
22 東京裁判傍聴 片平洌彦証人反対尋問  東京地裁
23 勉強会   京都弁護士会館
25 甲西・石部ロータリークラブ 講演

H11

1999

03

06 『法律援助を広げる市民のつどい』 講演   於 京都アバンティ
06 大津市との四者会議−大津市の取り下げ
08 第14回公判 佐藤猛証人反対尋問 PM1:30(署名2,030名提出)
10 勉強会 京都弁護士会館
20 全国公害被害者名古屋大会 於 名古屋
30 
31 署名1,063名提出  大津地裁 

H11

1999

04

11 第3回薬害被害者会議 於 京都
16 勉強会 京都弁護士会館
17 学習会『臓器移植のあり方を考える』 講師 栗屋 剛 徳山大学教授
18 東京,大津弁護団合同会議 参加 於 京都
30 運営委員会 下田公民館

H11

1999

05

06 第7号 会報『秋桜』発行 行事予定及び公判日程のお知らせ
06 同志社大学講演 於京都
08 『第5回作業所で働く職員の全国交流会inしが』講演 於 草津
10 勉強会 京都弁護士会館
13 
17 2000枚ビラ配り(本日証人尋問が行われます) 於 大津駅周辺
17 第15回公判 中村一好反対尋問 PM1:30(署名1,195名提出)
18 勉強会 京都弁護士会館
26 『みなまた京都賞』受賞 於 京都
30 『働くもののいのちと健康を守る京都センター準備のつどい』 於 京都

H11

1999

06

01 勉強会 京都弁護士会館
02 運営委員会 下田公民館
07 第24回『全国公害被害者総行動』参加
08 厚生省交渉
14 第16回公判 片平洌彦証人尋問 PM1:10(署名2,085名提出 累計82,816名)
17 勉強会 京都弁護士会館
25 会報 第8号『秋桜』発行
26 ビラ配布 『薬害ヤコブ病』テレビ放映のお知らせ
26 第4回薬害被害者会議 於 京都
29 勉強会 京都弁護士会館

H11

1999

07

05 第17回公判 追加提訴(2名) 片平洌彦反対尋問 PM1:10
11 介護保険シンポジウム 講演 於 甲西町柑子袋会館
13 学習会『プリオン病』 福岡伸一京都大学助教授 於 京都
22 ビラ配布・署名活動 (署名収集268名) 於 山科周辺

H11

1999

08

06 運営委員会 下田公民館
10 全国医療学生ゼミナール 於 岐阜
28 大津弁護団会議(一日合宿)参加 於 滋賀 サンヒルズ甲西

H11

1999

09

03 勉強会 京都弁護士会館
06 第18回公判 北本哲之主尋問 AM10:30(署名5,977名提出)
12 薬害被害者会議
12 母親大会 於 滋賀県瀬田北小学校
15 緊急
16 運営委員会 下田公民館
17 勉強会 京都弁護士会館
22 進行協議 大津地裁
26 京都府民まつり 於 京都
28 勉強会 京都弁護士会館
30 運営委員会 下田公民館

H11

1999

10

03 薬害ヤコブ病シンポジウム 於 東京医科歯科大学
04 第19回 北本哲之反対尋問 AM11:00(署名2,103名提出)
23 『薬害フォーラム』 於 東京
23 第13回社会福祉研究交流集会 署名活動 於 龍谷大学瀬田学舎
24 署名活動 於 八日市

H11

1999

11

03 甲西町文化祭 署名活動 (署名数1,000名) 甲西町役場
06 意見書採択依頼 北海道比布町
09 勉強会 京都弁護士会館
15 第20回公判 ゲルハイト・マイル主尋問 PM1:30(署名10,156名 累計101,052名)
24 第30回京都消費者大会 於 京都
24 勉強会 京都弁護士会館

H11

1999

12

04 『薬害ヤコブ病を考える集い』主催民医連 於 大阪
08 厚生省交渉
11 井本里士氏『薬害ヤコブ病』出版記念の集い 於 京都
20 勉強会 京都弁護士会館

H12

2000

01

07 勉強会 京都弁護士会館
13 運営委員会 下田公民館
20 勉強会 京都弁護士会館
24 第21回公判 ゲルハイト・マイル反対尋問 AM10:00(署名2,627名)
29 合同弁護団会議 於 京都
30   〃
30 難病患者の会 署名活動 於 サンライフ甲西

H12

2000

02

18 勉強会 京都弁護士会館
24 運営委員会 下田公民館
28 第22回公判 山本高嗣主尋問 AM10:30

H12

2000

03

08 勉強会 京都弁護士会館
15 運営委員会 下田公民館
19 集会打合せ(管理,音響,照明他) 於 琵琶湖ホール
24 厚生省交渉
24 三重県鈴鹿市 意見書採択
26 集会打合せ(集会の案内送付作業)
28 ヤコブ病を考える勉強会 自民党プロジェクトチーム
30 ヒト乾燥硬膜移植によるヤコブ病患者72例と発表(1985年1月〜1999年12月)厚生省調査

H12

2000

04

09 運営委員会 下田公民館
11 勉強会 京都弁護士会館
13 運営委員会 下田公民館
16 『薬害ヤコブ病訴訟20世紀解決をめざして』集会 於 琵琶湖ホール
17 署名活動 ビラ配布 AM9:00 大津駅周辺
17 第23回公判 山本高嗣反対尋問 AM10:00(署名9,212名提出)
20 署名活動 (署名321筆) 大津市体育館

H12

2000

05

01 メーデー参加 署名活動 (署名321筆) 膳所公園
12 勉強会 京都弁護士会館
14 署名活動 (署名612筆) 水口文化芸術会館
14 『薬害と人権』シンポジウム参加 於 神戸
20 署名活動 (署名431筆) 水口文化芸術会館
20 勉強会 京都弁護士会館
22 第24回公判 国側証人主尋問 PM1:10(署名2,797名提出)
30 勉強会 京都弁護士会館

H12

2000

06

01 運営委員会 下田公民館
03 署名活動 ビラ配布 民医連協力による 京都四条河原町
08 四次追加起訴 5名 大津地裁
10 第11回「手をとりあうなかま展」林 琢己君 大津歴史博物館
11 運営委員会 下田公民館
13 勉強会 京都弁護士会館
19 中津川市議会(岐阜県)意見書採択
21 勉強会 京都弁護士会館
26 第25回公判 国側証人尋問 AM11:00(署名3,975名提出)
30 御園村議会(三重県)意見書採択

H12

2000

07

04 自治労連(署名のお願い)
07 勉強会 京都弁護士会館
07 岐阜県議会 意見書採択
18 勉強会 京都弁護士会館
22 現代医療を考える会 大阪 高槻市
23 運営委員会 下田公民館
25 勉強会 京都弁護士会館
28 『谷たか子さん再検証要請署名』提出(署名440名提出)大津地裁
30 全国薬被連会議 京都スモン事務所
31 第26回公判 原告 谷 三一氏尋問 PM1:10(署名4,457名提出,累計124,130名提出)

H12

2000

08

01 林 琢己さん検証
07 勉強会 京都弁護士会館
10 運営委員会 下田公民館
22 勉強会 京都弁護士会館
24 『薬害根絶デー』東京総行動 参加21名 東京
      *厚生省交渉  *国会議員との意見交換  *東京支える会集会参加
25 東京・京都合同勉強会 東京

H12

2000

09

06 運営委員会 下田公民館
16 運営委員会 下田公民館
18 ビラ配布・署名活動 AM9:30 大津駅周辺
18 第27回公判 AM11:00(署名9,531名提出)
23 署名活動・ビラ配布(署名321筆) 草津市(いのち・愛・人権のつどい参加)

H12

2000

10

05 チャリティコンサートの打合せ
09 合同勉強会 京都弁護士会館
10 チャリティコンサート『秋桜の調べ』 於ブラームスホール
14 林 琢己君,谷 たか子さんを福島豊政務次官が見舞う
14 『薬害根絶フォーラム』 (署名 101筆) 東京
23 ビラ配布・署名活動 (署名 82筆) 大津駅周辺
23 第28回公判 PM1:10 (署名3,184名提出)
27 10.27市民集会『許すな薬害』 京都 ハートピア京都

H12

2000

12

03 大阪大学学園祭『まちかね祭』(人権哲学研究会 署名45名)
04 弁護団,支える会話合い 滋賀・甲西町
07 勉強会 京都弁護士会館
11 ビラ配布・署名活動 (署名 335筆) 京都 河原町三条
17 勉強会 京都弁護士会館

H12

2000

12

01 第10号 会報『秋桜』発行
04 第29回公判 AM11:00 (署名7,188名提出)
04 ヤコブ病被害者の会と支える会との交流会 大津教育会館
05 12.5『あなたにもっと知ってほしい』東京集会 東京・千代田区公会堂
07 運営委員会 下田公民館
11 勉強会 京都弁護士会館
19 勉強会 京都弁護士会館
20 運営委員会 下田公民館

H13

2001

01

14 京都・東京合同会議 京都弁護士会館
20 林琢己さん逝去 大津市民病院にて
23 谷たか子さん逝去 自宅にて
28 ビラ配布・署名活動 甲西文化ホール
29 ビラ配布・署名活動 大津駅周辺
29 第30回公判  (審理の促進署名 4,378名提出)
     (累計署名150,638名) (公平な判決署名2,227名提出)

H13

2001

02

01 第11号 会報『秋桜』発行
10 運営委員会 下田公民館  
22 運営委員会 下田公民館
24 追悼集会 打合せ ピアザ淡海

H13

2001

03

02 支える京都の会参加
08 運営委員会 岐阜集会打合せ及び資料準備 下田公民館  
10 岐阜集会 参加者200名 岐阜県中津川市
16 運営委員会 追悼集会打合せ及び資料準備
18 追悼集会『林琢己さん,谷たか子さん安らかに』 参加者213名 ピアザ淡海
19 第31回公判 (審理の促進署名703名提出)
    (累計署名181,089名)(公平な判決署名29,748名提出)
24 運営委員会 1000人集会について討議   下田公民館

H13

2001

04

11 運営委員会 1000人集会参加要請について   下田公民館
13 勉強会 京都弁護士会館  
15 健康まつり 署名活動,1000人集会ビラ配布 小平井診療所
17 運営委員会 “5.27 1000人集会”案内・ビラ 郵送準備   下田公民館
18       〃
20 大津市内各団体へ参加のお願い
21 集会ビラ配布・署名活動  JR大津駅

H13

2001

05

02 運営委員会 下田公民館
03 『憲法と人権』シンポジウム参加 集会ビラ配布 サンヒルズ甲西  
07 集会打合せ 琵琶湖ホール
08 勉強会 京都弁護士会館
10 集会ビラ配布 ヤコブ病患者家族の会 JR大津駅
11 運営委員会 下田公民館
12 集会ビラ配布  滋賀会館前
13 集会ビラ配布  大津西武デパート前
16 運営委員会 下田公民館
18 集会ビラ配布 ヤコブ病患者家族の会 JR大津駅
20 健康まつり 署名活動,1000人集会ビラ配布 膳所診療所
20 1000人集会ビラ配布 JR膳所駅
20 “キャンドル AIDS パレード”参加 ビラ配布 京都 HIVとともに生きる会
23 五次追加提訴 大津地裁

3月28日〜5月20日     “5.27 1000人集会”参加要請(各団体等へ)
27 
“5.27 1000人集会”   琵琶湖ホール
28 第32回公判  く審理の促進署名  859名・公正な判決署名20,760名提出) 地元国会議員事務所訪開(5名)  (累計署名   202,708名)

H13

2001

06

03 勉強会  京都弁護士会館
08 東京総行動   厚生省交渉
09 林 琢己さん 絵画展    京都支える会
09 運営委員会  下田公民館
13 薬害ヤコプ病勉強会  滋賀医大生
17 薬害ヤコブ2001シンポジウム  東洋大学
23 運営委員会 下田公民館
30 薬害ヤコプ病裁判学習会 ハートピア京都

H13

2001

07

02 ビラ配布・署名活動  大津駅周辺
   第33回公判 結審和解勧告  (審理の促進署名   476名提出) (累計署名 212,590名) (公正な判決署名 9,406名提   出)
05 運営委員会  下田公民館
11 運営委員会  下田公民館
12 勉強会  京都弁護士会館
16 厚生省前 ビラ配布参加  東京支える会
   東京裁判   結審和解勧告  東京地裁
27 運営委員会  下田公民館

H13

2001

08

04 原告団合同会議(大津、東京)
08 統一要求書提出
18 運営委員会
24 薬害根絶デー  厚生省交渉
25 日本母親大会 ビラ配布・署名活動・分科会参加  立命館大学
26 日本母親大会 ビラ配布・署名活動  長浜ドーム
31 会報『秋桜』作成  下田公民館

H13

2001

09

05 運営委員会
08 合同勉強会  サンライフ甲西
10 第1回和解協議、第5次提訴期日(2名) (審理の促進署名 1001名提出) (累計署名220,809名) (公正な判決署名 7,218名   提出)
27 運営委員会  下田公民館
29 京都消費者大会参加
30 合同弁護団会議

H13

2001

10

05 運営委員会  下田公民館
12 運営委員会  下田公民館
21 2万人健康まつり参加 (署名収集 1,409名)  名古屋市
31 運営委員会  下田公民館

H13

2001

11

01 勉強会  京都弁護士会館
03 関西医科大学文化祭 『霜月祭』参加  関西医科大学
05 厚生省包囲 (5日〜7日)
09 林 琢己君 遺作展開催 (9日〜11日)  京都パレスサイドホテル
11 国際シンポジウム  一橋大学
12 関西ミニシンポジウム  200名参加  ぱるる京都
   厚生省座込み (12日〜14日)
15 薬害ヤコブ病を考える講演会参加  立命館大学
18 運営委員会  下田公民館
22 第2回和解協議(累計署名225,421名)(公正な判決署名4,612名提出)  大津地裁
29 運営委員会  下田公民館

H13

2001

12

06 愛知県名古屋市議会 意見書採択
15 林 琢己君 遺作展開催 (12月15日〜12月28日)  甲西町図書館
   坂口厚生労働大臣 三重県田川様のお見舞
16 運営委員会  下田公民館
18 鳥取県議会 意見書採択
26 坂口厚生労働大臣 北海道ヒロ君のお見舞
27 運営委員会  下田公民館

H14

2002

01

10 第3回和解協議(累計署名226,427名)(公正な判決署名1,006名提出)  大津地裁
14 大津・東京合同会議  京都
15 原告代表と坂口厚生労働大臣が面談
16 運営委員会  下田公民館
19 林 琢己君、谷 たか子さん一周忌法要
   薬害ヤコブ病勉強会  滋賀県公立高等学校職員組合
23 運営委員会  下田公民館
24 薬害ヤコブ病問題を考える議員の会総会  参議院議員会館

H14

2002

02

02 林 琢己君 遺作展開催 (2日〜3日)  下田公民館
06 3月3日支える会集会案内発送
   厚労省前座込み (6,7,13,14,20,21日)
09 運営委員会  下田公民館
14 坂口厚生労働大臣へ要望書提出
15 運営委員会  下田公民館
22 石川県議会 意見書採択
   第4回和解協議 ビラ配布・署名収集(大津駅前にて) (累計署名227,243名)(公正な判決署名816名提出)  大津地裁
28 運営委員会 集会打合せ・資料整理  コスモスハウス

H14

2002

03

03 「薬害ヤコブ病訴訟全面解決」の集会  びわ湖ホール
08 第5回和解協議  大津地裁
09 薬害ヤコブ緊急シンポ  東洋大学

09 運営委員会        下田公民館

13 厚労省前行動 座り込み
14 厚労省前行動 人間の鎖

15 厚労省前行動 座り込み

17 林 琢己遺作絵画展   下坂本公民館

20 運営委員会        下田公民館

23 坂口大臣が谷 たか子さんの墓参りにこられる。

25 和解成立 全面解決 確認証調印式  東京

25 ビラ配布     大津駅前

H14

2002

04

19 運営委員会        下田公民館

20 サポートネットワーク委員会

23 日本ビー・エス・エス(被告企業 硬膜輸入会社)山本氏 谷たか子さんの墓参り

25 和解成立報告集会  東京集会

29 坂口大臣が上田 尚さんの墓参りに来られる。

H14

2002

05

08 運営委員会  (会報送付作業、6月1日の集会企画について)      下田公民館

08 勉強会    市民共同法律事務所